保育の内容

保育園のあり方

 保育園は、子どもが生涯にわたる人間形成にとって極めて重要な時期に、その生活の大半を過ごす場所です。

くるみ保育園では、子どもの最善の利益を考慮し、子どもの人権に十分配慮するとともに、一人ひとりの個性を大切にし、豊かな人間性を持った子どもに育てる保育をしていきます。
同時に、子どもの成長には一日を通しての生活リズムの安定が大切だと考え、家庭との連携を密にして、共に子育てをしていくことを実践します。

子どもへの対応

◇ 一人一人の子どもが、周囲から主体として受け止められ、主体として育ち、自分を肯定する気持ちが育まれるようにします。

◇ 一人一人の子どもが主体的に活動し、自発性や探索意欲などを高めるとともに、自分への自信を持つことができるよう成長の過程を見守り適切に援助します。

◇ 一人一人の子どもの心情・状態を把握し、子どもが安心感と信頼感を持って活動できるよう、子どもの主体としての思いや願いを受け止めます。

◇ 一人一人の子どもの発達過程・生活リズム・保育時間や心身の状態などに応じた適切な環境設定を行い、子ども一人一人の個別の計画を作成します。


保育の内容

☆養護を大切にしています

・「生命の保持」安心できる環境や大人のもとで、一人ひとりがゆったりと過ごし、授乳や睡眠などの生活リズムが整うようにします。

・「情緒の安定」人に対する信頼感が芽生え、安定感となっていくように、子どもが示す様々な行動や欲求に適切に応えていきます。そして子どもが自分の力でやろうとする意欲を育てていきます。

☆あそびや生活から学びます

・健康…基本的な生活習慣(食事・排泄・睡眠・清潔・着脱・安全)を身につけていきます。ふれあいあそびやリズムあそび、運動遊び、散歩などを通して健康な体作りをしていきます。

・人間関係…愛情豊かな関係の中で、自分の要求に応えてくれる人との関わりを通して、自分が大切にされていることを実感し、自尊感情や人を信頼する気持ちが育ち、人との関わりを学んでいきます。

・環境…実体験を通して、自ら環境に関わる意欲を高め、考える力を培い、感覚が豊かになることから、生活の中での学びを大切にします。戸外遊びで動植物に親しんだり、四季折々の草花に触れる体験を広げていきます。

・言葉…身近な人に親しみを持って接し、自分の感情や意思などを表情、しぐさ、言葉で伝えようとし、それに相手が応答することや身近な人の言葉を聞く事を通して、しだいに言葉を獲得していきます。

・表現…安心して生活する環境の中で五感を通して、いろいろな事に気づいたり、心を動かした事を伝えようとします。自分なりの方法で表現する事を通して、豊かな感性や表現する力を養い、創造性を豊かにしていきます。